▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

++ しおちゃんマンのプライベート日記 ++



オクラ 2004年07月06日(火)

28,219 byte

理科の学習で、オクラとホウセンカを育ててきましたが、ホウセンカの方はきれいな花を咲かせています。しかしオクラの方は、「土」の作り方が悪かったのか、なかなか大きく育ちませんでした。

葉が落ちてしまったり、まだ小さいのに花が咲いてしまったものがあり、半分あきらめていたのですが、先日子どもたちが小さな実ができているのを発見しました。

小さいとはいえ、実ができるとうれしいですね。ここでオクラについて少しだけ調べてみました。

オクラはひじょうに歴史の古い野菜で、その原産地はアフリカの北東部で、エジプトでは紀元前2世紀からすでに栽培されていたそうです。オクラの和名は原産地の呼び名であるとか。

日本に始めて渡来したのは江戸時代の末期ごろですが、ヌメっとした青くさい食感が日本人には好まれなかったようです。

本格的に普及しはじめたのは1965年ごろですが、ぬめりがあるため好き嫌いがハッキリと別れますね。私が、そんなに前から食べられていたことを知らなかったのは、私のまわりは嫌いな人ばかりで、私自身が接することがなかったからだと思いました。

しかしこのぬめりこそが整腸作用やコレステロールを減らす作用があり、またこの「ぬめり」が、ガラクタンやアラバンやペクチンなどの食物繊維だそうです。特にペクチンは血糖値の急上昇を抑える効果 もあり、糖尿病の予防にも役立つようです。

そのほかオクラは栄養価の高い野菜で、カルシウム、鉄、カロチン(ビタミンA)、ビタミンCなども含まれていて夏バテ解消にはもってこいの野菜のようです。

調べてみて、少しだけオクラを見直しました。

↓前の日記 / 次の日記↑


Web Diary UpVersion ver 1.26