▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

++ しおちゃんマンのプライベート日記 ++



不審者侵入対応避難訓練 2004年06月14日(月)

14,870 byte

 本日本校で市内に先駆けて、不審者が侵入したときの避難訓練を警察と協力して行われました。池田小の事件依頼、学校にこういった緊急時における組織的な対応が強く求められています。

 1Fの教室で学習しているときに、不審者が侵入したという想定で行われましたが、その時に、学校が組織的にどのように動くのかが、子どもたちの命を守るためにとても大切になってきます。

 不審者との対応、非常ベルの作動、非常ベルの確認、校長への連絡、避難の指示、県警への通報、児童の避難…、これらの流れが組織的に素早く行われるように訓練しました。

 また、児童が下校後、警察の方の指導で、不審者との対応の仕方や、簡単な護身術等の研修が行われました。

 この時に、池田小の事件の詳細が生活安全課長から報告されましたが、あらためて事件の悲惨さを思い、涙が出ました。亡くなられた児童のご冥福をあらためてお祈りし、二度とこのような事件が起こらないように私たち大人が努力していかなければならないと感じました。

 しかし根本的なことを解決しようとせず、現場にのみに安全管理を押し付けることに疑問を感じますし、またそれでは子どもたちの安全は確保されないと考えています。

 このサイトでも以前から主張していることを再度投げかけたいと思います。

◎学校に警備員を置いてください。
◎警察は、学校だけでなく地域全体での子どもたちを守る具体的な取り組みを提起してください。
◎地域住民は、自分たちは何ができるのかを前向きに考えて、実行していきましょう。

↓前の日記 / 次の日記↑


Web Diary UpVersion ver 1.26