▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

++ しおちゃんマンのプライベート日記 ++



運動会 2004年05月22日(土)

12,503 byte

今日は、運動会でした。

本校は全学年単学級ということもあり、2学年合同で表現運動に取り組みます。

しおチャンマンの学年の3年生は、4年生と一緒に花笠音頭を踊りました。

笠の回し方、笠についている鈴のならし方がむずかしかったのですが、子どもたちは本当に生き生きと踊っていました。

新しい学年になってまだ2ヶ月。
子どもたちに大きな拍手をおくりたいと思います。

同窓会 2004年05月16日(日)

16,832 byte

16年前に卒業させた子どもたちの同窓会がありました。もうみんな28歳になっています。久しぶりにおいしいお酒で、3次会までつきあいました。

幹事がマメに動いてくれたので、なんと20名以上集まりました。写真はその一部の教え子たちです。

最近、教師であることに自信をなくしていた…というか、バカらしくなっていた時期もあったのですが、彼らと話をしていて、やってきたこと、そして今もやっていることに間違いはなかったことを確信しました。

子育てや、教育は長い目でみたときに答えがでるのだと思いました。

また、今週からがんばれそうです。

花笠作り 2004年05月13日(木)

23,239 byte

22日の運動会で花笠踊りをします。

その花笠を手作りで作っています。
お花紙の花をつけることはもちろん、鈴も用意して音がなるようにします。

ただ、3年生には少し難しかったかもしれません。

でも、自分で作った笠で踊れるので、子どもたちはとても集中して作っています。

掲示板 2004年05月10日(月)

あまり自分では書き込まない掲示板に久しぶりに書き込みをしてみました。

前にも書きましたが、私たち公立学校の教師に対する風当たりは年々強くなり、いくら私たちが一生懸命やっていてもそれが裏目に出たり、誤解を受けたりしてしまうのが多くの教師の抱えている悩みです。

しかし、ほとんどの教師はそのことについて一言も発しません。いくら誤解を受け、陰口をたたかれても、それでも子どもたちと向き合ってがんばっているのが、日本の教師だと思います。

以前、外国の記者が次のように言っていました。

「日本の教師ほどまじめに仕事をしている教師は他国ではみたことがない。同時に日本の教師ほど、批判されている職種は世界には類をみない。そのことが大いなるな謎である」

全生研全国委員会 2004年05月09日(日)

125,513 byte

土日は、全生研(全国生活指導研究協議会)の全国委員会に参加しました。國學院大学のたまプーラーザ校舎で行われました。

全生研の常任委員を一年間休ませてもらっていましたが、この全国委員会で正式に復帰することになりました。

Mac OS X Panther 2004年05月06日(木)

18,109 byte

遅まきながら、MacのOSを、OS X Panther にアップグレードしました。

最近では、メールや文書作りはウィン機、ホームページ作りはMac…というふうになっていたのですが、プレゼンテーションソフトで、Macの方がいいのがあったので、これを機会にMacのOSをバージョンアップしました。

パソコンを使い始めたのが、Macからなので、なかなかMacからは離れられません。

元気が出てきたゾ! 2004年05月02日(日)

3日間休んでようやく心身ともに元気を回復しました。

さきほど、ジムで5キロ走ってきました。何よりも「走ろう」と思えるようになったことが元気になった証です。しかも走り終わったときに、まだまだ走れると思いました。(^^)

まず、まったく自分のためのホームページ「塩崎義明Online Office」のトップページを超久しぶりに更新・修正。グーグルのサイト内検索を設置しました。
http://shiozaki.info/

あと、講座の資料をパワーポイント中心に作り直します。そのための本を購入してきました。これを機会に、自分も「得」をしないといけませんからね。

そして、花笠音頭のビデオを見て、笠の回し方にもチャレンジします。連休明けにはバッチリ指導できるようにしたいです。

最後に、クラスの指導の見通しをたてるために、いろいろ準備をしたいと思っています。

講座の資料ができた 2004年05月01日(土)

2日間かけて、ようやく講座の資料ができました。今回は、浦安市の地元で、若い教員対象に、学級づくりについての講座を3回連続で行います。パワーポイントも使って、できるだけわかりやすく話をしてみたいと思っています。

資料を作りながら感じたことは、私たちは若い人たちに対してずいぶんと働きにくい職場にしてしまったなあ…ということです。

中でも、保護者と学校の対立的な構図をここまでひどくさせてしまったのは、やはり私たちの世代とその上の世代に責任があると思っています。(もちろん文科省にも反省してほしいのですが、まったくそのつもりもないようなのでここでは無視します)

いまや、教師に対して敵視を通り越して、嫌悪感さえ感じている保護者の方が多いのではないでしょうか。(ここで意外と語られていないことは、教師もまた、保護者に対して同様の思いを感じているということです)なんとも大変な時代になってしまいました。

そんな時代ですので、私たちは保護者のみなさんに信頼してもらうところから…(そのスタートはゼロからではなくマイナスの地点から)実践をスタートさせなければなりません。逆に言えば、教師は親の思いにもっと共感するべきだと思っています。

しかしここで言いたいことは、まだまだ学校に期待している人たちがたくさんいるということです。期待しているがゆえに批判的な意見を持っているのではないでしょうか。

さらに言えば、対話を通して必ずお互いはわかりあえるということです。そしてお互いが理解しあい、手を結ぶことができれば、今日本の学校が抱えているほとんどの問題が解決できると思っています。

それぞれが「責任」を問うのではなく、「共同」の子育てというスタンスに立てる時代をつくって、若い人たちにバトンを渡したいものです。

まだまだ私には時間がありますので、がんばりたいです。

連休 2004年04月29日(木)

今日から7連休です。24日に授業参観を行ったので、30日が代休になって7連休になりました。

この連休はとにかく心身ともに休んで、今までの実践的な遅れを取り戻そうと思っています。

ただ、この連休中に、以下のことはやっておかなければ…、と思っています。

・22日の運動会の踊りは「花笠」です。そのふりつけをビデオで覚えないと…。笠のまわし方がむずかしそう。

・組合との共催で、「しおちゃんマンの学級づくり講座」を3回連続で行います。その準備をこの連休中にしておきたいです。

・全生研大会の基調提案や、実践レポートを読んで、自分の考えをまとめておきたいです。

「何もしない」ということも大切なことだとは思いつつ、ついつい仕事をつくってしまいます。困ったものです。

一日寝ていました 2004年04月25日(日)

今日は、午前中にトレーニングジムに行ったのですが、走る元気がなくて、サウナに入って帰ってきました。

帰宅後、すぐに寝てしまい、起きたのが夕方。

のどがいたいので、風邪をひいたようです。

↑前のページ / ↓次のページ

ページ移動 / [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]


Web Diary UpVersion ver 1.26